大学もスポーツを科学 競技力を向上、健康の増進も

大学
コラム(テクノロジー)
2020/3/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「スポーツ科学」を冠にした研究拠点が主要な大学に相次いで誕生し活動が広がっている。トップアスリートたちと協力して優れた競技能力を調べ、他の選手にも参考となり、成績をより高める練習法の改善などに役立てる。スポーツウエアを開発するなど産学連携も進む。一般市民の健康増進につながる研究成果も生まれると期待されている。

筑波大学には水が繰り返し流れ、中で人が泳げる国内最大級の「実験用回流水槽」がある。水の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]