/

日産、栃木工場など一時休止

日産栃木工場では高級車や輸出車を生産している(日産自動車提供)

日産自動車は4月6日~22日、栃木工場(栃木県上三川町)の稼働を一時的に止める。新型コロナウイルスの感染拡大で、輸出先の米国などで需要が落ち込んでいるため。4月以降、追浜工場(神奈川県横須賀市)も断続的に稼働を止めるほか、子会社の日産自動車九州(福岡県苅田町)の工場では4月2日~同月末の昼のみ稼働する。

栃木工場は主に高級車を生産する拠点で、国内向けに「シーマ」や「フーガ」など、海外向けには高級ブランド「インフィニティ」を生産し米国などに輸出している。

日産は2~3月、中国からの部品の調達が難しくなり、国内の各工場で断続的に稼働を止めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン