ぺんてる買収問題の経緯を説明 株主総会でコクヨ社長
「グローバル展開のため」と理解求める

2020/3/27 16:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

筆記具メーカーぺんてるの敵対的買収に失敗した文具大手のコクヨは27日、大阪市内で定時株主総会を開いた。株主からぺんてる問題の今後の方向性について質問された黒田英邦社長は「今後はぺんてると協業し、相乗効果を発揮したい」と、融和路線への転換を説明した。株主184人が出席し、1時間弱で終了した。

コクヨは2019年11月に、約37%を出資するぺんてるの敵対的買収を表明。ぺんてる経営陣が賛同する文具大手…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]