コープさっぽろ、衛生用品用のレジ袋を紙製に

2020/3/27 16:45
保存
共有
印刷
その他

コープさっぽろは4月以降、レジ袋を環境に配慮した素材に切り替える。まずは生理用品などの衛生用品を入れる灰色のポリエチレンの袋を森林認証を取得した紙袋に変更。6月からは認証を得た古紙100%の紙袋を食品スーパーで初めて導入する。コープが1年間に配布するレジ袋の1割にあたる約18トン、250万枚を削減できる。7月以降はレジ袋も石油由来でない成分を配合した素材に切り替える予定だという。

コープさっぽろは環境に配慮したレジ袋に切り替える(27日、札幌市)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]