ワイマールの教訓、民主主義の弱み よく知り警戒を
読むヒント

就活
玉利 伸吾
編集委員
2020/3/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界は前世紀前半に似てきた。保護主義が広がり、貿易戦争が続く。各地でポピュリズム(大衆迎合主義)に訴える指導者が現れ、自由や民主主義を脅かしている。突然のコロナ危機は、大恐慌から戦争へと突き進んだ過去さえ思い起こさせる。まるで、歴史の亡霊をみるようだ。いまこそ、戦前の失敗に学びたい。

自国第一を掲げる米国のトランプ大統領は、強硬な外交で国際摩擦をおこし続けている。中東などから大量の難民流入が続く…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]