亀田製菓、米国会社の株式追加取得 米国事業を強化

2020/3/27 15:27
保存
共有
印刷
その他

亀田製菓は27日、三菱商事との米国の合弁会社THフーズ(イリノイ州)の株式を追加取得したと発表した。出資比率は現在の46.84%から50%となる。米国では健康意識の高まりを背景に、ライスクラッカーなど米菓市場の拡大が見込まれている。THフーズへの追加出資で、現地での製品開発や生産性向上にむけた取り組みを強化し米国事業の拡大を狙う。

27日付で株式を追加取得した。取得額は非公表。THフーズではこれまで、亀田製菓の製造技術をベースに薄いせんべい「うす焼」タイプの製品を20年以上、製造・販売してきた。出資比率を高め、「これまで以上に米菓関連の製造技術やノウハウを提供していく」(亀田製菓)。THフーズの売上高は2019年3月期で2億2000万ドル。

亀田製菓は現在、THフーズと、連結子会社のメアリーズゴーンクラッカーズ、KAMEDA USAの3社体制で米国で事業を展開している。中期経営計画では23年度に海外売上高比率を現在の26.5%から31.4%に高めることを目指しており、北米も重要拠点の一つと位置付けている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]