車も社も「復興の星」に、東北に寄り添う
トヨタ東日本 成長戦略を読む(中)

2020/3/27 14:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車東日本(TMEJ、宮城県大衡村)の歴史は東日本大震災からの復興と重なる。2012年7月にトヨタ系3社が統合して発足し、生産を担うコンパクトカー「アクア」「シエンタ」「C│HR」の3車種は「復興の星」と呼ばれた。宮内一公社長は「復興に貢献するのは会社の設立精神だ」と強調する。

アクアは国内販売台数が常に上位に入り、累計販売台数は150万台を超えた。TMEJの前身の1社である関東自動車工…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]