金・米国債… 検証「安全資産」も売られた10日間

清水 功哉
国債・社債
編集委員
学ぶ
2020/3/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金や米国債といった「安全資産」と呼ばれてきた金融商品までが投げ売りされる――。新型コロナウイルスの感染拡大による混乱を受け、3月9日から10日間程度、そんな現象が起きた。極端な不安心理で手元に現金を置くことを望む人が増え、金なども換金売りの対象になった。人気を集めたのは現金の代表格、ドルだった。「安全資産も売られた10日間」を検証した。

【関連記事】
・FRBが社債購入すべき理由(FT)
・株安下で高…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]