/

この記事は会員限定です

大阪IR 万博前開業を断念 新型コロナの影響で見直し

(更新) [有料会員限定]

カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を目指す大阪府・市は27日、2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の開幕前の開業を断念することを明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大で大きな影響を受けている事業者側に配慮。提案書類の提出締め切りなどを先延ばしする。万博とIRの相乗効果を期待していた府・市が、ついに同時開業の旗を降ろした。

「現在のコロナの状況を踏まえて、全てのスケジュールを延期する。事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り886文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン