国立大改革の議論始動 自由度拡大へ財源多様化

大学
2020/3/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国立大学の経営改革に関する文部科学省の検討会議の議論が始動した。世界最高水準の教育研究を展開する「指定国立大学」を中心に、自由度の高い戦略的な経営を可能にする方策を話し合う。財源の多様化に向け現在は国が一定の枠をはめている授業料設定の自由化なども検討する予定で、広く論議を呼びそうだ。

会議は「国立大学法人の戦略的経営実現に向けた検討会議」。イノベーションの中核となる国立大について「世界の先進大学…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]