/

この記事は会員限定です

東芝機械の株主総会、買収防衛策を可決 旧村上系に対し

(更新) [有料会員限定]

東芝機械が27日開いた臨時株主総会で、旧村上ファンド系の投資会社に対する買収防衛策の導入・発動を問う2議案が62%の賛成を得て可決した。これを受けて投資会社側は実施中のTOB(株式公開買い付け)を近く撤回する方針だ。多くの機関投資家らがTOB成立後の投資会社側の経営方針が明確でないことを問題視し、異例の買収防衛の成功につながった。

村上世彰氏が関与する投資会社、シティインデックスイレブンス(東京・渋谷)は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り518文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン