/

マスク供給、4月に7億枚超 官房長官が見通し

菅義偉官房長官は27日の閣議後の記者会見で、品薄が続くマスクについて4月には7億枚を超えて供給できるとの見通しを示した。「3月は6億枚を超えるマスクを供給した。4月には1億枚を上積みすることができる見通しだ」と説明した。

「品薄状況の解消は一定程度の時間を要するものと認識している。引き続き、政府一丸となってマスクの供給拡大に向け最大限の努力をしていきたい」と話した。これまでの政府の取り組みとしては「厚生労働省と経済産業省が一体となって、企業への増産要請や設備導入補助で、国内市場への供給量の積み増しを図ってきた」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン