/

この記事は会員限定です

シンガポール航空、最大1兆1500億円調達、政府系が支援

[有料会員限定]

【シンガポール=谷繭子】シンガポール航空は27日、最大150億シンガポールドル(約1兆1500億円)の緊急資金調達を発表した。既存の株主向けに、新株と転換社債を発行する。大株主の政府投資会社、テマセク・ホールディングスはこれに応じる方針だ。新型コロナウイルス対策の国境封鎖で旅客需要がほぼ消滅し、同社の売り上げは激減していた。回復の先行きが見えず、航空業界が危機に陥る中、同社は資金確保を急ぎ、生き残...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り490文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン