米中、国連安保理で対立 新型コロナ決議案巡り

新型コロナ
中国・台湾
北米
2020/3/27 7:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=吉田圭織】国連の安全保障理事会が交渉中の新型コロナウイルスに関する決議案の内容を巡り、米国と中国が激しく対立している。国際社会が団結して新型コロナの感染拡大を防ぐのが決議の狙いだったが、米国は「中国の湖北省・武漢市でウイルスが発生した」と明記するよう主張。一方、中国は米国の主張に反発するとともに、中国が感染を封じ込めたことを称賛する内容を盛り込むよう求めているという。

米国務省の…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]