新型コロナ、50万人が感染 外出制限は20億人超

新型コロナ
ヨーロッパ
北米
2020/3/27 2:48 (2020/3/27 5:53更新)
保存
共有
印刷
その他

26日、患者を病院に運ぶ救急隊員(マドリード近郊)=ロイター

26日、患者を病院に運ぶ救急隊員(マドリード近郊)=ロイター

【パリ=白石透冴、ニューヨーク=高橋そら】新型コロナウイルスの感染者数が26日、世界で50万人を超えた。欧米を中心に南米・中東・東南アジアでも広がり、世界の20億人以上が外出制限の対象となっている。死者は2万3千人を超え、スペインとイタリアでは1日に600人以上が亡くなる日がある。比較的拡大を抑えてきた日本でも、爆発的な感染のおそれが出てきたとの見方がある。

米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、国別ではイタリアが約8万人。近く中国の感染者数(約8万2千人)を超えて世界最悪になるとの予想がある。米国も8万人の大台に乗り、死者数は1100人を上回った。感染者数はほかにスペインが約5万6千人などとなっている。

感染を調べる検査が進んでいるという背景もあるが、感染拡大の中心は欧米先進国だ。米カリフォルニア州、英仏、インドなどでは買い物などを除く外出を禁じる措置をとっている。

米国の感染者数は米東部時間26日午後4時30分時点で8万21人、死者数は1136人だ。ニューヨーク州の感染者が3万超と最も多く、病床や人工呼吸器など医療機器の不足に懸念が強まっている。

1台の人工呼吸器を2人の患者で使用できるようにしたほか、数千台の麻酔器を人工呼吸器に変換する作業にも取り組んでいる。病院側も「緊急の手術以外は全てキャンセルし、病床の確保を急いでいる」(ニューヨーク州の病院に勤める医師)という。

スペインでは過去24時間に655人がなくなり、26日時点の死者数が4千人を超えた。中国の死者数をすでに抜いており、イタリアに次いで世界で2番目に多い。理由は明確ではないが、外出制限を発表した14日というタイミングが遅すぎたとの指摘がある。

首都マドリードで最も感染者が見つかっているが、北東部カタルーニャなど広い範囲で死者が出ている。現地紙パイスは「イタリアよりもウイルスが速く、広く拡散している」と指摘した。

イタリアの死者数は世界で最も多く26日時点で8200人を超えた。医療機関で人工呼吸器などの設備が不足しており、死者数は増え続けている。ただ伊当局は全107県のうち、57県は感染拡大のピークは終わったとみている。政府が10日に伊全土に出した外出制限令の効果が注目されている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]