10~12月期の米GDP、2.1%増 確定値

北米
2020/3/27 2:11
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が26日発表した2019年10~12月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)確定値は、前期比年率換算で2.1%増加した。2月末に発表した改定値と変わらず、ダウ・ジョーンズがまとめた市場予測とも一致した。成長率は7~9月期の2.1%と同じだった。

2019年10~12月期の米成長率は2.1%だった(米インディアナ州のエンジン工場)=ロイター

20年1~3月期は、新型コロナウイルスの感染拡大で経済に深刻な影響がでており、成長率は大きく落ち込むとみられている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]