/

中国、ビザ保有でも外国人の入国を拒否へ 28日から

新型コロナ逆流を警戒

(更新)

【北京=羽田野主】中国外務省は26日、外国人は有効な査証(ビザ)や居留許可を持っていても、28日から当分の間、中国に入国できなくなると発表した。新型コロナウイルスの逆流を防ぐための措置としている。日本人に観光などの短期のビザを免除する措置もすでに停止しており、実質的にほとんどの日本人が中国に渡航できなくなる。

外交官らはこれまで通り入国できるが、日本に一時帰国している中国駐在員やその家族らも28日以降は中国に戻られなくなる。

中国外務省は「感染症に対応するために取らざるを得ない臨時の措置」と説明した。必要な貿易や科学技術にかかわる活動、人道支援で必要な場合はビザを申請できるとしている。

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン