新兵器、軍事均衡を一変 極超音速ミサイルや無人機

コラム(政治)
2020/3/27 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年12月27日、世界の軍事関係者が注目する一報が流れた。「極超音速ミサイルを初めて実戦配備した」。ロシア国防省の発表だ。音速の20倍超で不規則な軌道を描いて飛ぶという。従来の弾道ミサイルは放物線で飛ぶため、発射点と通過点が分かれば軌道を予測でき迎撃しやすい。だが極超音速ミサイルは軌道が読めず、迎撃は難しい。

■悪夢の武器

「極超音速ミサイルは核弾頭を搭載する『悪夢の武器』だ」。昨年7月の米…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]