怖い記憶をゲノム情報で修正へ PTSDのなりやすさ把握

テクノロジー
2020/3/27 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

恐ろしい体験がフラッシュバックし、時にうつにもなる心的外傷後ストレス障害(PTSD)。2030年代には遺伝子レベルで患者の傾向をつかみ、効率よく恐怖の記憶を修正できるようになっているかもしれない。国立精神・神経医療研究センターは、患者のある遺伝子変異と恐怖記憶に関連があることを解明。記憶を修正する治療法の開発に乗り出した。これまでの治療の常識を塗り替える日がやってきそうだ。

PTSDは、トラウマ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]