/

富士通の田中会長、グループのシステム子会社会長に

富士通の田中達也会長(左)が3月末で退任し、新たに発足するシステム子会社の会長に(写真は昨年の社長交代会見)

富士通は26日、田中達也会長が3月末で退任し、7月に発足させるシステム開発子会社の会長に就任すると発表した。新会社は自治体や医療機関などのIT(情報技術)システムの開発・運用を手掛け、富士通グループの営業体制を改革する役割も担う。営業部門出身で富士通本体の田中会長を起用し、新会社をスムーズに立ち上げると共にグループの営業改革を急ぐ。

7月に発足する新会社は、ITサービスを提供する富士通マーケティング(東京・港)が母体となり、約9000人体制で事業を始める。社名は未定。社長には富士通マーケティングの広瀬敏男社長が就任するとみられる。

新会社を設立するのは、富士通グループの営業体制を改革する狙いがある。これまで自治体や医療機関には富士通本体が、中堅・中小企業には富士通マーケティングが営業していた。ただこの体制だと自治体が保有するデータを地域の中堅・中小企業が活用するといった横断的なシステムを提案できず、受注の機会損失が少なからずあった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン