光大産業、ヒノキで家庭用品 日本の香りを米国へ

2020/3/29 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

木製家庭用製品を扱う光大産業(福島県本宮市)は、日本の伝統木材であるヒノキの製品を海外にアピールしている。すがすがしい香りや、優れた抗菌性などで欧米を中心に引き合いがある。海外展開に踏み出したきっかけは、東日本大震災と東京電力福島第1原子力発電所の事故だった。

ドイツ・フランクフルトで2月、キッチンウエアをはじめとした家庭用品などの西欧最大の国際展示会が開かれた。光大産業は5日間にわたってブース…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]