上海、渡航者全員を14日間隔離 日本も再び隔離対象に

中国・台湾
2020/3/26 22:28
保存
共有
印刷
その他

【上海=張勇祥】上海市は26日、渡航者全員に14日間の隔離措置を導入すると発表した。同日夕より実施した。日本は22日に検疫対象の重点国家から除外されていたが、再び隔離が求められる。米欧や東南アジアなどで新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることに対応する。

上海市はすべての渡航者に14日間の隔離措置を導入する(上海浦東国際空港)=ロイター

上海市の発表では「重要な経済貿易、科学研究、技術協力に従事する人員」などは別途の定めによるとしているが、詳細は明らかになっていない。市内の自宅に戻れず、ホテルなど施設での隔離を求められる可能性もありそうだ。

中国では国内における新型肺炎の感染は落ち着く一方、帰国した留学生などがウイルスを持ち込む事例が急増している。海外の感染状況によっては、入国規制が一段と強化される可能性もありそうだ。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]