大阪・兵庫、病床確保急ぐ 新型コロナ爆発感染を警戒
廃止病院も活用検討

新型コロナ
関西
2020/3/26 20:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大が続く大阪府と兵庫県が、重症患者の増加などに備え病床の確保を急いでいる。両府県の患者数は国が示した推計をひとまず下回る見込みだが、直近1週間の新規患者は50人を超え、オーバーシュート(爆発的患者急増)を回避できるかどうか予断を許さない。東京都は26日、関東各県に都内への不要不急の移動自粛を要請。専門家は「患者が増えれば関西圏でも再び移動自粛は選択肢になる」と指摘する。

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]