/

この記事は会員限定です

佐賀・唐津市の鏡山展望台 松原眺望、アニメファンも

おでかけ 九州・沖縄

[有料会員限定]

曳(ひき)山が巡行する「唐津くんち」で知られる佐賀県唐津市。その東側、玄界灘からの風に立ち向かうように、標高284メートルの鏡山がそびえ立つ。麓にある大きな鳥居をくぐって曲がりくねった道路を登り切ると、その先には絶景が待っている。

視線の先には青い海と空、そして日本三大松原の一つ、虹の松原が広がる。唐津藩の初代藩主、寺沢広高が潮風や砂から街道、村、田畑を守るため黒松を植えたのが始まりとされる。今...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り625文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン