/

この記事は会員限定です

新型コロナと首長の発信力(時流地流)

[有料会員限定]

◆新型コロナウイルスの感染者急増に備えた改正特別措置法が成立した。首相が緊急事態宣言をすると、各地の知事が住民の外出自粛や劇場のような施設の使用制限を要請できるようになる。土地や建物の収用も可能だ。対象区域や期間は国が定めるが、具体的な対策は各知事に委ねられる。

◆最近、各地の首長の言動を見聞きする機会が増えた。「法的根拠はないが、今が山場だ」。北海道の鈴木直道知事が2月末に独自に緊急事態を宣言した際...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り499文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン