紀陽銀、大阪中心部に中小特化店 中長期の需要見込む

2020/3/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

紀陽銀行は7月メドに、大阪市中心部に中小企業取引専門の新業態店を開業する。新型コロナウイルスの感染拡大で中小企業の経営環境は悪化しているが、2025年の国際博覧会(大阪・関西万博)などを見据え、中長期の資金需要を掘り起こす。一部のメガバンクや地銀が大阪の店舗網を再編する間隙をつき、貸し出しシェア拡大を目指す。

大阪市北区堂島の紀陽大阪ビルの7階に空中店舗として出店する。住宅ローンなどを扱うリテー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]