アンジェスの新型コロナワクチン、動物実験へ

新型コロナ
ヘルスケア
2020/3/26 20:07
保存
共有
印刷
その他

大阪大学発のバイオ企業アンジェスは26日、現在開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、動物へ投与する試験を始めたと発表した。マウスとサルへ投与し、2~3カ月で安全性と有効性を確認した後、早ければ9月にもヒトへの臨床試験(治験)を開始する予定だ。

アンジェスは今月5日、大阪大学やタカラバイオと共同で、新型コロナウイルスのワクチンを開発する方針を発表。会見時に示した最短のスケジュールで開発が進んでいることになる。24日にはワクチン候補となる原薬を製造したことを発表していた。

英グラクソ・スミスクライン(GSK)など世界の製薬大手もワクチン開発に乗り出している。感染拡大が続く新型コロナの抑え込みへ、各社の取り組みが注目される。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]