空港使用料の支払い猶予へ 政府が航空会社の経営支援

新型コロナ
経済
2020/3/26 20:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は26日、新型コロナウイルスの感染拡大によって運休や減便が相次いでいる航空会社に対して、空港使用料の支払いを猶予する方向で調整に入った。着陸料や停留料が対象で、期間は数カ月程度を見込む。感染拡大の状況によっては延長を視野に入れる。航空機燃料税の納付の猶予も検討する。航空会社は大幅な減収が必至の情勢で、公的な支援で経営を下支えする。

感染拡大を受けてとりまとめる緊急経済対策に盛り込む。着陸料は…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]