/

この記事は会員限定です

「エンド・オブ・ライフ」佐々涼子さん

在宅終末医療が問う「生」

[有料会員限定]

自宅で最期を迎える在宅終末医療で200人を看取(みと)った訪問看護師が、48歳で末期がんになった。余命は約半年、残された時間をどう生きるか。心のゆらぎや葛藤を含めて、ノンフィクション作家がつぶさに見守った。「最期は本人にとって最も望ましい旅立ちだったけれど、終末期のすごし方に正解はない。いくつもの選択肢があって、その人らしさが表れる」

きっかけは約7年前、京都の在宅医療の診療所の取材だった。「私自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り683文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン