新型コロナ、欧米大都市で死者急増 NY州、1週間で24倍

2020/3/26 19:06
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、ニューヨークなど人口が集中する欧米の大都市を中心に死者数が急増している。ニューヨーク州では3月18日に死者数が12人と10人を超えた後、25日に285人と約1週間で約24倍に膨れ上がった。カリフォルニア州やニューヨーク州などはすでに外出制限に踏み切った。

フランス公衆衛生局によると、パリを中心とする自治体「イルドフランス」では死者数が18日の36人から262人と7倍に増えた。新型コロナによる死者数が世界で最も多いイタリアと比べても、大都市では死者数の増加ペースの伸びが目立つ。

イタリアは全土で人の移動を制限し、スペインも全土で原則、外出を禁じている。東京でも新規感染者がここにきて増えるなど、爆発的な感染拡大の懸念が強まっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]