栃木・群馬、都内への外出自粛を要請 新型コロナで

2020/3/26 19:03
保存
共有
印刷
その他

栃木県の福田富一知事と群馬県の山本一太知事は26日、週末は東京都内への不要不急の外出を自粛するよう県民に要請した。東京都の小池百合子知事が25日、都民の外出自粛を呼びかけたことを受けた措置。ただ、両県ともに県内の外出自粛要請には踏み込まなかった。

福田知事は26日の記者会見で「都民がなるべく自宅で時間を過ごす、あるいは職場ではなくて自宅で仕事をするという呼びかけをしている中で、栃木県民が東京に大勢出かけていくというのは異様な状態だと思われかねない」と話した。

山本知事も同日の会見で「小池知事は爆発的な感染拡大(オーバーシュート)を防げるかどうかの重大局面だとし、近隣県も都内への移動を自粛するよう要請している」と述べた。

一方、両県とも県内の外出自粛要請は見送った。福田知事は「現時点では市中感染があったと明確には言えない」と説明。山本知事は「東京都のような爆発的な感染者の増加が懸念される状況には至っていない」との見方を示した。

茨城県の大井川和彦知事も25日、東京など都市部への移動について「慎重な判断をお願いしたい」と県民に呼びかけた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]