/

この記事は会員限定です

タイCPなどアジア財閥に広がる欧米流「資本の論理」

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

企業買収や投資ファンドの活用など、アジア企業の事業戦略が多様になってきた。共通するのは、経営の中枢を身内で固めるアジア流を保ちながら、必要に応じて欧米流の「資本の論理」を取り入れ、素早く動く姿勢だ。世界の金融市場が大きく揺れるなか、東南アジアの混合型の経営スタイルが強みを発揮するかもしれない。

ある東南アジア企業が米欧金融機関のM&A(合併・買収)担当者を驚かせた。タイ巨大財閥のチャロン・ポカパン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1901文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン