「クアオルト」市民も参加を 普及へ健康増進に回帰
東北6県 気になる現場

ヘルスケア
東北
山形
2020/3/26 18:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山形県上山市の「クアオルト事業」がガイドの本格的な養成を始めて10年を迎えた。クアオルトはドイツ語で「健康保養地・療養地」を意味する。ウオーキングを柱に独自の街づくりを進める上山型温泉クアオルトは受賞歴も数多く、全国のモデル事業として注目される。シンボルとして計画した温泉健康施設は中止になったが、市民の健康増進という原点回帰でさらに普及を目指す。

暖冬・少雪の今冬では珍しい季節外れの降雪があった…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]