淡い弾き語りに包容力 レイチェル・ダッド

アートレビュー
2020/3/27 15:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

レイチェル・ダッドは過去に何度も来日している、英国ブリストル在住のシンガー・ソングライターだ。その持ち味はしなやかで、木漏れ日を思わせるオーガニックな柔和さも抱える。新型コロナウイルス禍のため予定されていた日本ツアーの9公演中7つが中止となるなか行われた、東京公演を見た。

バンジョーやギター、ピアノと楽器を替えながら、彼女は弾き語りを披露していく。自ら伴奏する楽器によって効果的に持ち味が変わり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]