豊竹藤太夫、口語訳交え素浄瑠璃

関西タイムライン
関西
2020/3/27 2:00
保存
共有
印刷
その他

「超すじょうるり会」を催す人形浄瑠璃文楽太夫の豊竹藤太夫

「超すじょうるり会」を催す人形浄瑠璃文楽太夫の豊竹藤太夫

人形浄瑠璃文楽の太夫、豊竹藤太夫が4月29日、国立文楽劇場で「超すじょうるり会」と題した会を催す。演目は「一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)」で、物語の前段や人物像などを口語訳した浄瑠璃で語った後、聞かせどころは古典の義太夫節で披露する。「字幕や床本を使わず、耳だけで義太夫節を楽しんでほしい」と藤太夫。三味線は鶴澤清志郎。5月26日には池上実相寺(東京・大田)でも上演。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]