/

しまなみ海道サイクリング、無料期間22年春まで延長

自転車通行無料化を継続する瀬戸内しまなみ海道(愛媛県今治市)

本州四国連絡高速道路(本四高速)は、瀬戸内しまなみ海道の自転車通行料金の無料化を2022年3月末まで延長する。愛媛県や広島県の要望を受けた対応で、両県などが減収分の一部を負担する。愛媛県によると、沿線主要観光地12カ所の19年の入り込み客数は202万人で、無料化前の13年比で3割増えた。同県は切れ目のない情報発信など利用促進を図る。

しまなみ海道は愛媛県今治市と広島県尾道市を結び、全長約70キロメートルのサイクリングロードが整備されている。全て自転車で通行すると通常は500円かかる。本四高速は14年7月から年度単位の無料化を継続している。

沿線のレンタサイクルターミナルでの貸出台数は19年に14万9000台と、13年比で約2倍に増えた。うち外国人利用者の割合も19年4~12月は17%を占めるなど増加傾向だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン