/

この記事は会員限定です

米企業、自社株買い・社債急減 失業者支援優先の機運も

「レバレッジ経営」暗転

[有料会員限定]

新型コロナウイルスが拡大している米国で、企業の資金調達が急減し、自社株買いの停止が相次いでいる。米国の低格付け社債の発行額は2月から9割減少した。新型コロナの影響が大きい業種では手元資金を確保する動きが目立つ。株主還元よりも雇用の維持などにお金を使うべきだとの機運も強い。借金拡大と株主還元を重視する米国流の「レバレッジ経営」は岐路に立たされている。

JPモルガン・チェースなど大手米銀8行は足並み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン