神戸市、食品廃棄削減へアプリ普及 まずパン店から

2020/3/26 18:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

神戸市はフードシェア事業を手掛けるコークッキング(東京・港)と食品廃棄削減に向けて連携する。天候の急変で食品が売れ残りそうな場合などに、安価に商品を提供するアプリサービス「TABETE(タベテ)」を活用。まず市内のパン事業者が4月中に商品の提供を始める。

ケルン9店、イスズベーカリー4店、原田パン1店が参加する。スマートフォンのアプリを使い売り手が出品理由などを記入して登録し、アプリ利用者が好み…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]