JTB、海外ツアー5月10日まで中止 GW需要に影響

2020/3/26 17:14
保存
共有
印刷
その他

JTBは26日、欧州や中国、韓国などへのパッケージツアーを巡り、5月10日出発分までの中止を決めた。これまでは4月下旬出発分まで取りやめるとしていた。外務省が新型コロナウイルスの感染拡大で、全世界に不要不急の渡航中止を促す危険情報の「レベル2」を出したことを受け、中止期間を延ばした。例年なら一定の需要があるゴールデンウイーク(GW)の旅行に響く事態となっている。

ほかに5月10日出発分まで中止するのはオーストラリア、カナダ、タイ、シンガポール、ベトナム、中東など。米国本土やハワイ、台湾、ミャンマーなどは4月30日出発分まで中止する。「旅行を安全かつ円滑に実施することが難しくなる可能性があるため」という。

期間を延ばしたことでGWの海外旅行にも影響が出る。もともと例年に比べればGWの海外ツアーの予約が少なかったが、予約がある分は払い戻しする。国内旅行の予約も「かなり少ない状況だ」という。

他の旅行会社も、ほとんどの海外ツアーを4月ごろまで中止している。KNT-CTホールディングスでは4月26日出発分まで欧州や米国本土、ハワイ、中国、韓国などへのツアーを中止する。GWの予約もかなり少ないとみられ「終息後に予約が増えることを期待する」と話す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]