フィリピンに国産レーダー輸出へ 装備移転三原則で初

政治
東南アジア
2020/3/26 18:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱電機が製造する防空レーダーシステムがフィリピン政府向けに輸出されることが26日、分かった。総額100億円規模で、5月までに正式受注する予定だ。安倍政権が2014年4月に「防衛装備移転三原則」を制定してから初めての国産装備の完成品輸出となる。

関係者によると、輸出するのは自衛隊が導入するレーダー「FPS3」と「TPSP14」の改良システムだ。FPS3は沿岸部に設置し、ミサイルなどの飛来物を監視…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]