/

G7共同声明見送り 米「武漢ウイルス」主張で溝

【ワシントン=永沢毅】米紙ワシントン・ポストは25日、主要7カ国(G7)外相がテレビ会議方式で開いた会合で、ポンペオ米国務長官が新型コロナウイルスを「武漢ウイルス」と呼ぶよう訴えたと報じた。国際協調に水を差すとしてその他の国がこの呼び方に反対し、結果的に共同声明の発表が見送りとなった。新型コロナ対策を巡るG7の協調に影を落としそうだ。

G7外相会合の共同声明見送りの背景には、ポンペオ米国務長官の中国批判があった=ロイター

議長を務めたポンペオ氏は記者会見で、新型コロナを巡って中国が偽の情報を流布していると指摘し「G7各国はそれを把握している」と表明した。そのうえで中国批判で足並みをそろえているとの見解を示していた。「中国共産党はG7の繁栄や安全の土台となる自由でオープンな秩序を損なおうとしている」とも批判し、中国に透明性を確保するよう要求した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン