世界の国際線56%減、貨物容量落ち込み運賃2倍に

新型コロナ
サービス・食品
中国・台湾
朝鮮半島
東南アジア
南西ア・オセアニア
ヨーロッパ
北米
2020/3/26 16:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、航空業界や航空貨物への影響が深刻化している。航空各社の減便や運航停止の影響で世界の輸送能力は足元で前年に比べ6割近く減少。各国の渡航制限の影響などもあり前年割れは少なくとも7、8月まで続くとみられる。旅客便の機体に積む貨物スペースが減り、貨物運賃が2倍程度に高騰する例も出ている。マスクなどの必要物資の輸送に支障の出る事態も起きている。

日本経済新聞が英航空…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]