/

この記事は会員限定です

量子暗号は「ジョーカー」になるか

科学記者の目

[有料会員限定]

究極の暗号技術といわれる「量子暗号通信」が実用段階に入った。次世代の高速計算機、量子コンピューターなど期待が高まる量子技術のなかで、いち早く導入が進む可能性がある。2020年度に事業化に乗り出す東芝をはじめ、日本はこの分野で世界屈指の技術をもつ。「第2次量子革命」といわれる時代を勝ち抜くための「ジョーカー」(切り札)となるか。

「次世代暗号などの基盤となる量子技術について、国内外からトップクラスの研究...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1517文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン