太陽誘電、小型の車載向けインダクターを発売

エレクトロニクス
2020/3/26 12:18
保存
共有
印刷
その他

太陽誘電は26日、車載向けインダクターの新製品を発売したと発表した。次世代技術の開発で電装化が進む自動車業界では、電子部品の小型化の要求が強まっている。小型の製品を開発して、顧客の需要に応える。自動車の電気制御装置(ECU)の電源回路向けで採用を見込む。

太陽誘電が開発した車載向けのインダクター

新製品は太陽誘電が積層セラミックコンデンサーの開発で培った積層の技術を応用して小型化を実現した。製品の大きさは1.6ミリメートル×0.8ミリで、小型・大電流が求められる自動車のECUの電源回路での採用を想定する。

自動車業界では自動運転など「CASE」と呼ばれる次世代技術の開発が進み、自動車の電装化の比率が高まっている。電子部品の搭載数も増えており、顧客からは小型化への要求が強いという。車載部品の信頼性規格である「AEC-Q200」に準拠し、車載向け部品に求められる信頼性も満たした。

サンプル価格は税別50円で国内の子会社工場で量産を始めた。

(菅野気宇)

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]