/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]フェイスブック、印社出資が示す再進出意欲

[有料会員限定]
Financial Times

「忍耐に何か価値があるとすれば、耐え続けなければならない」――インド独立の父、マハトマ・ガンジーの言葉は、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が頼るべき信条になる。ザッカーバーグ氏は5年前、インドに初めて進出し、発展をとげる同国に基礎的なインターネットサービスを提供しようとしたが、「デジタル植民地主義」との非難が高まる結果に終わった。ザッカーバーグ氏は10億人以上の潜在的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1465文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン