米住宅ローン申請、前年同週比11%減 3年半ぶり減少率

新型コロナ
経済
住建・不動産
北米
2020/3/26 4:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=大島有美子】堅調だった米住宅市場に失速の兆しが見えてきた。米抵当銀行協会(MBA)が25日まとめた3月16~20日の新規購入向け住宅ローンの申請件数は前年の同じ週と比べ11%減った。減少率は2016年9月以来、3年半ぶりの大きさだ。新型コロナウイルスの感染拡大による先行きの不透明さで、消費者は住宅購入をためらっている。

MBAの幹部は新型コロナによる「家計の雇用と収入を覆う不確実…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]