マスク・消毒液、品薄なお 材料高で値上がりの兆しも

新型コロナ
ヘルスケア
環境エネ・素材
小売り・外食
中国・台湾
2020/3/25 22:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、マスクや消毒液が品薄な状態が続いている。国内メーカーは増産に動いているが、中国メーカーに生産委託するなど海外への依存が高かったこともあり、生産や物流の停滞で十分な量が確保できていないからだ。インターネットなどでのマスクの転売が禁止されたが、構造的な品不足から価格が上昇する兆しもある。

「最悪期は脱したが、通関手続きに時間がかかっている」。医療用マスクを企画・販…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]