都心の人出、3月半ばから増加 消費の「自粛疲れ」か
渋谷、19ポイント改善の23%減

新型コロナ
小売り・外食
2020/3/25 20:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

消費者で混み合う渋谷のスクランブル交差点(17日)

消費者で混み合う渋谷のスクランブル交差点(17日)

新型コロナウイルスによる消費の「自粛ムード」が緩み始めた。日本経済新聞が飲食店の予約状況や商業施設の来店客データなどを分析したところ、個人消費の落ち込みのピークは2月末から3月初旬。それ以降は下げ止まっているか、回復傾向にあることがわかった。ただ、ここ数日の感染者の急増を受け東京都が週末の外出自粛要請を出すなど感染リスクは依然として高い。感染拡大防止への取り組みが引き続き欠かせない。

レストランや居酒屋向けに台帳管理サービスを提供するトレタ(東京・品川)が前年との実績が比較可能な都内約3千店の予約データをまとめた。

地域別では住宅地の多い世田谷区では3月第2週(9~15日)の予約数は…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]