/

この記事は会員限定です

新大関朝乃山、小細工不要の大器 伸びしろに期待

[有料会員限定]

大相撲の東関脇朝乃山(26)=本名石橋広暉、富山県出身、高砂部屋=の大関昇進が25日、日本相撲協会の夏場所番付編成会議と臨時理事会で満場一致で決まった。昨年夏場所の平幕優勝を境に急激に高まった周囲の期待を裏切ることなく、順調に成長曲線を描いてきた26歳。ここもまだ通過点だと思わせるスケールの大きさが魅力だ。

「優勝もあっさりするし、大関もすんなりワンチャンスで決めるし。俺と持っているものが違うな」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り563文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン