「デジタル革命、リーダーに問われる哲学」新浪剛史氏
サントリーホールディングス社長

GO2030
2020/3/27 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本有数のプロ経営者として知られるサントリーホールディングス社長の新浪剛史氏(61)。デジタル革命が一段と進む10年後、国や企業を率いるリーダーには、深い知恵と強い誠実さが求められるようになると説きます。

新浪剛史氏(にいなみ・たけし) 1959年1月生まれ。神奈川県出身。81年三菱商事入社、91年米ハーバード大経営大学院修了。2002年から14年までローソン社長を務め、同年から現職
――2030年の

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]